MENU

院長のブログ

寛容な世界

腰痛で湿布を使うことが多いのですが,何回か使用するとすぐにその部分の皮膚が赤くなってきてかぶれてきたりします.

生まれてからその生涯を終えるまでずっと食物や腸内細菌に触れ続けている我々の腸管はあまりかぶれることがありません(かぶれると潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される慢性の炎症性腸疾患になったりします).何故でしょうか?

これまで様々なメカニズムが考えられてきましたが,その中にひとつ興味深いものがあります.

それは,種々の腸内細菌が私たちの白血球の一種と友達になって,腸管の中で炎症が燃え広がることや食物に対するアレルギーを常に抑えてくれているというお話です(Immunity 49, 151-163, 2018).

抗生物質を使って腸内細菌をやっつけると,逆にこういった免疫応答は悪い方向に働くというものです.

ーーーーー

最近は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で病気そのものよりも不寛容な社会にびくびくしながら過ごしています.

腸の中がうらやましい?

一覧ページに戻る
院長BLOG back number
top

0725905457

ウェブ予約

お問い合わせ