当クリニックの診療

診療内容

一般内科診察、健診、胃カメラ(経鼻・経口)、大腸カメラ、超音波検査、日帰り内視鏡手術、小腸カプセル内視鏡、大腸カプセル内視鏡
こんな症状のときご相談ください
大腸癌・胃癌の検診、胸焼け・呑酸(どんさん)、嘔気、嘔吐、腹痛、食欲不振、腹満感、下痢、血便、便秘、排便習慣の異常、のどの違和感、せき、喘息、発熱、風邪、花粉症、じんましん、インフルエンザなど
当クリニックで診療するメリット
日本消化器内視鏡学会指導医による胃カメラ・大腸カメラを受けることができます。
大腸ポリープはその場で診断・治療(切除)いたします(日帰り手術)。
総合内科専門医として幅広く内科疾患に対応可能です。
教育・研究に長く従事していた経験を生かして、患者様に理解しやすい病気や治療の説明ができます。
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病)などの免疫に関係する疾患の治療を専門的に受けることができます。
機能性消化管疾患(過敏性腸症候群)に対する診断・治療の経験が豊富です。
消化器疾患と密接にかかわる生活習慣病・糖尿病に対して深い指導ができます。

ラクに受けられる内視鏡検査

  • ラクに受けられる
  • 最新の内視鏡システム
  • 会話ができる
辛い、苦しい…そんなイメージのある内視鏡検査ですが、
最近では鼻からカメラを入れて検査できるため吐き気や苦痛が少なく、検査中も会話ができるほどです。
また、内視鏡検査の苦しさは医師の経験や腕に影響されます。
いのうえ消化器内科クリニックでは、日本消化器内視鏡学会指導医による
胃カメラ・大腸カメラを受けることができます。

胃カメラ

当院では細径内視鏡を用いて、鼻から内視鏡検査を行います。(経鼻内視鏡検査といいます)。
経鼻内視鏡検査は経口内視鏡検査とはことなり、舌根に触れないことから、
カメラ検査時に「嘔気」を感じることなく検査を受けることができます。
患者様への負担が少ないため、検査時に鎮静剤を使用する必要性がなく、
検査後にすぐ帰宅することができますし、検査中に担当医と話をすることも可能です。
また、当院ではレーザー光源を搭載した最新の内視鏡システムを用いており、
胃炎などの診療に大変有用な検査となっています。

大腸カメラ

胃カメラと同様に細い内視鏡を用いており、患者様への負担が少なくなっております。
かつ、当院では患者様にあわせた適量の鎮静剤を用いることにより、痛みを感じることなく検査を終えることができるよう心がけています。
内視鏡システムは胃カメラと同様に、最新のレーザー内視鏡システムを用いています。
これは今後、大腸ポリープの早期発見に寄与すると期待されています。
また、その場で数十倍にまで拡大観察のできるスコープを使用しているため、その場での診断・治療に大変便利となっています。
また、当院では検査前の前処理(下剤)にも工夫をしており、
通常よりも少ない量の前処置(下剤)で検査を受けることができるようになっています。 
ご質問がおありの際は、お気軽に担当医におっしゃって下さい。

小腸・大腸カプセル内視鏡

当院ではカプセル内視鏡を用いて、苦痛を全く感じることなく、
小腸・大腸の検査も行っております。
小腸は口からも肛門からも遠く、長さが5-6m、進展すると7mにもおよび、複雑に屈曲蛇行しているため、従来の内視鏡検査では観察が不可能です。
小腸カプセル内視鏡検査は胃カメラ・大腸カメラを行っても出血源を同定しえない消化管出血や小腸腫瘍性病変、小腸炎症性病変の診断およびマネジメントを、大腸カプセル内視鏡検査は癒着などにより大腸カメラが挿入不可能な場合の大腸検査を目的としております。
近年、小腸疾患・大腸疾患は本邦において増え続けており、
カプセル内視鏡検査はますます必要となってきています。
検査の実際や検査の前処置など、お気軽にお尋ねください。

日帰りポリープ手術

当院では大腸カメラ検査の際に、ポリープが見つかればその場で診断を行って、
治療可能なポリープと判断された場合は、患者様の同意のもと、同時に切除いたします。
切除後は帰宅可能です。しかし、その後は2週間程度のご旅行や激しい運動が制限される場合がございますので、事前に担当医にお知らせください。

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患には主として潰瘍性大腸炎とクローン病といういずれも原因不明の慢性難治性腸炎が含まれます。潰瘍性大腸炎では主として大腸に、クローン病では小腸と大腸にびらんや潰瘍ができ、下痢や血便といった腸の症状から皮膚炎・関節痛・痔ろうや膿瘍といった腸の症状以外の病状が引き起こされます。
また、クローン病に比較的似た症状を呈する
腸管ベーチェット病も炎症性腸疾患に含まれます。
これらの疾患は、すべて治療法も依然として未確立、かつ生活面で長期にわたり支障を伴うために、
国が行う難治性克服研究事業の中の特定疾患治療研究事業の対象となっており、
当科も研究事業に参加・協力しています。
わが国の罹患率や有病率は欧米に比べて依然として低率ではあるものの、生活様式の欧米化に伴って、
1970年代以降,急激に増加し、平成25年には潰瘍性大腸炎に16万人強が、クローン病に約4万人が
それぞれ登録されています。登録数はその後も勢いを緩めずに増え続けています。
一方で,原因は不明であるものの、2000年代以降は免疫調節薬や生物学的製剤といった新たな治療法の
登場により治療成績は向上していますが、より専門性の高い診療が現場では求められるようになりました。
お問い合わせはこちら
  • 内視鏡検査のご予約・お問い合わせはこちら
  • ネット受付はこちらから

診療時間
△は予約診療になります。

当院へのアクセス

〒595-0072
大阪府泉大津市松之浜町2丁目4-15
松ノ浜駅西口出て直ぐ、改札より10mです。

詳しいアクセスはこちら
  • 苦痛が少ない内視鏡検査
  • 院長ブログ