MENU

当院の特徴

日本消化器内視鏡学会指導医による、楽に受けられる胃・大腸内視鏡検査

1.痛み・苦痛の少ない内視鏡検査

当クリニック院長は、日本消化器内視鏡学会指導医であり、豊富な検査・診断経験がございます。高い技術により、楽に検査を受けていただけます。

大腸ポリープはその場で診断し、日帰り手術(切除)が可能です。

生活習慣病、各消化器疾患に対する専門的治療

消化器疾患は、糖尿病をはじめとする生活習慣病との関連性の深い病気です。生活習慣病が疑われるときには、適切な検査・治療にて対応し、全身の健康の維持に努めます。

また、大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、機能性消化管疾患(機能性ディスペプシアや過敏性腸症候群)、胃・十二指腸疾患などの消化器疾患の専門的な診断・治療が可能です。

患者様に正確にご理解していただくための、分かりやすい説明

米国シカゴ大学やUCLAでの研究、大阪医科大学消化器内科での研究・ 教育・臨床の経験を活かし、患者様にご納得いただける分かりやすい説明に努めます。患者様一人一人に、ご自身の身体の状態や疾患、治療法について正確にご理解していただくことで、健康への意識を高めます。

地域のクリニックならではの、医師と患者様が協力して行う治療を実現します。

小腸・大腸カプセル内視鏡検査

小腸は、通常の内視鏡検査では観察ができない器官です。当クリニックでは、超小型カメラを搭載したカプセルを用いて、苦痛のない、楽に受けられる「小腸・大腸カプセル内視鏡検査」を実施しております。名前の通り大腸の検査にも使用ができます。大腸の場合は、手術後の影響や癒着など、何らかの要因で大腸カメラ検査を受けられない方に特に有効です。

院長BLOG back number
top

0725905457

ウェブ予約

お問い合わせ