ごあいさつ

私が大学を卒業したのは平成9年です。以来、現在まで一貫して臨床医として、また研究者として消化器内科学を学んできました。当時に比べて現在は消化器内科疾患の中でも、特に下部消化管疾患(小腸・大腸の病気)が増えてきています。具体的には大腸ポリープ、大腸癌、潰瘍性大腸炎・クローン病といった炎症性腸疾患、機能性消化管疾患(過敏性腸症候群)小腸出血などが近年特に増加しています。これらは本邦において近年急速に進んだ生活様式の欧米化に我々が対応できずに多くの生活習慣病・糖尿病などを生み出してしまったことと密接に関係しています。 
これらの疾患は正しく理解し、対応を誤らなければ何も心配をする必要がありません。
にもかかわらず、特に大腸癌については、現在罹患率・死亡率がともに男女で第三位以内に増えています。
炎症性腸疾患についても同様に毎年増加傾向にあります。これまで私は米国シカゴ大学やUCLAで研究に、
大阪医科大学消化器内科において研究・教育・臨床に従事してきましたが、増え続けるこれらの消化器疾患に
対して第一線で予防・治療にたずさわりたいと強く希望するようになり、この度開業した次第です。
消化器疾患以外においても、総合内科専門医として修練を積んできておりますし、免疫・炎症などの基礎的な
研究も数多く携わってきております。健康にかかわるどんなことでも、お気軽に相談していただければ幸いです。

いのうえ消化器内科クリニック
院長 井上 拓也

経歴

  • 平成9年3月|防衛医科大学校卒業
  • 平成9年4月|陸上自衛隊幹部候補生学校
  • 平成9年6月|防衛医科大学校初任実務研修医官
  • 平成11年6月|陸上自衛隊幹部初級課程
  • 平成11年8月|陸上自衛隊第9後方支援連隊衛生隊兼
    青森県立中央病院消化器内科化学療法科臨床研修医
  • 平成13年8月|防衛医科大学校第二内科専門研修医
  • 平成16年4月|大阪医科大学第二内科大学院
  • 平成20年4月|星ヶ丘厚生年金病院消化器科医長
  • 平成21年3月|米国シカゴ大学博士研究員
  • 平成22年4月|米国UCLA博士研究員
  • 平成23年6月|大阪医科大学第二内科助教
  • 平成24年7月|大阪医科大学第二内科講師
  • 平成26年7月|大阪医科大学第二内科診療准教授
  • 平成28年5月|いのうえ消化器内科クリニック開設

資格

  • 日本内科学会内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医
  • 日本消化器病学会近畿支部評議委員
  • 日本消化器内視鏡学会近畿支部評議委員
  • 日本潰瘍学会評議員
  • 米国消化器病学会International Member
  • 内視鏡検査のご予約・お問い合わせはこちら
  • ネット受付はこちらから

診療時間
△は予約診療になります。

当院へのアクセス

〒595-0072
大阪府泉大津市松之浜町2丁目4-15
松ノ浜駅西口出て直ぐ、改札より10mです。

詳しいアクセスはこちら
  • 苦痛が少ない内視鏡検査
  • 院長ブログ