過敏性腸症候群について

  1. カテゴリ :
  2. 院長のコラム

腹痛・腹部不快感,便秘や下痢などの便通異常を持続して自覚する過敏性腸症候群はストレスとの関係もあり,最近増加しています.

まずは大腸癌や炎症性の疾患を除外する必要がありますが,除外された後は,疾患をよく理解して治療すると,ゆっくりと軽快することがよくあります.

あせらず,外来で理解を深めながら,治療する必要があります.

br inoue_staff